研究ハブ

CLS は、コシツェの隣接地域およびスロバキア、ハンガリー、ウクライナ各国の国境周辺における複数の研究施設の連結ポイントとしての役割を担っています。

CLS は、科学的資質とリソースの中心として、相互協力や提携の可能性を活かして、学界と革新的な業界の包括的な科学施設や研究施設を結びつけます。

CLS は、メンバーが研究や革新技術に関するライフサイエンスの国際的な場面において、必要な量の認識を得られる中心的な連結ポイントとなっています。そのような認識を通じて、CLS やメンバーは国際的な研究プロジェクトや提携プロジェクトに参加することができます。

 

ゲートウェイ

CLS は、欧州連合とウクライナとの間で科学と研究のコラボレーションを行う際のゲートウェイとしての役目を担っています。コシツェとウズグホロドにおいては東 部のほとんどの地域で、また欧州連合やウクライナのヨーロッパ西部の大学都市では、すでに地域的な協力を成功させています。

CLS は、欧州連合やウクライナにおいて、希望する当事者や利害関係者と科学知識の交換研究の提携が行えるよう、ネットワーキングプラットフォームを提供しています